Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130101

元旦。

元旦。

年末に職場・家族、みんなで一生懸命働いて、掃除して。
すっげー気持ちよく迎えられた元旦。

年末には大切なひとたちと言いにくいことの指摘や、
改めての感謝、決意表明、いろんな気持ちを整理して、
前に向かう準備ができている。

元旦という節目は、1年で1番気持ちがいい日かもしれない。


ふと思う。
1年に1回にしなくてもいいんじゃないか。
季節に1回、模様替えをしてみたり。
季節の食べ物をしっかり味わったり。
日頃の感謝を伝えたり。

ふと思う。
季節に1回じゃないてもいいんじゃないか。
月に1回、週に1回、1日に1回。
周りを片付けて、過ごした時間を振り返って、
まわりの方へ感謝して、旬の食材を味わって。

そうやって毎日をリセットしながら、
新鮮な気持ちで毎朝を迎えられたのなら。
それはきっといい日々だ。


大掃除に大きな決意じゃなくていい。
日々の掃除に、日々の感謝。
そうやって毎日を暮していきたい。


青山敦士  -ほかの文章

2013.1.1

新しい年となりました。
昨年の年末、暦の話で大きな話題となったのが、マヤ暦の話。
人類滅亡の話として世界中でニュースになったけれど、本当は大晦日から元日のようにひとつの暦が終わり、また新しい年が始まる日だったみたいです。
もしマヤの人が生きていたら、あの日をどのように迎えただろうか?「ちょっと大騒ぎしすぎっ」みたいに、たしなめられたかもしれない。
一年の計は元旦にありというように、今日という日をどのように過ごすか。
少しは気にします。

今日はニューイヤー駅伝をしっかりと見てから、母と散歩に出かけました。晴天の今日の日のように今年の目標は、頑張らないことをがんばることにします。


小室勇樹  -ほかの文章