Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130102

新年のあいさつ回り


この島に来て6年。
親戚がいないこの島で、
毎年、年初めにお世話になっている家へ、
挨拶に伺って、さらにお世話になっている。

今年も息子を連れて挨拶まわり。
どの家でも一品一品、ひと手間かけたおせちが並ぶ。
宮ちゃんは今年は豆にチャレンジした、と
息子がばくばく食べた。

当たり前に並ぶこのおせちは、どの品も、
手をかけて、想いをこめて作られたもの。
大切にありがたく、囲ませていただいて、
あぁ、正月だなぁといつも実感する。

イベントでもスポーツでも、節目の行事でも、
こうして丁寧に準備されて、大切に時間を過ごさせて
頂くことは、何よりもありがたいこと。
そろそろ、1品ずつ挑戦してみよう。


青山敦士  -ほかの文章

正月に驚いたこと①

まだ幼稚園の姪っこから
「ぼとむすって何?」
って聞かれた。

よく見ると姪の手には、クリスマスに買ってもらったであろうスマートフォン型のおもちゃがある。

そのおもちゃのゲームで、「ボトムスとって」とか「トップスとって」というアナウンスが流れ、その指示にしたがって洋服の絵柄を選ぶ遊びのようだ。


姪も普段聞かない言葉を、なかなか覚えられないようで何度も聞いてくる。

こういう風にして、日本語は変わっていくんだなーと。

言葉の誤用としてよく言われる
役不足や気の置けない。


逆の意味として日本人の半数が理解していたら、それは本来の意味が正しいかどうかに関わらず、使えなくなっちゃうよな~とか思ってます。


小室勇樹  -ほかの文章