Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130103

初めての餅つき。

今日はべっくが誘ってくれて、餅つきに家族でお邪魔した。
お米を蒸して、餅をついて、まるめて、焼いて。
甘い、美味しい白味噌の雑煮まで頂いてしまった。

雪が降る中、みんなで声をかけながら、
餅をつくのが楽しいもので、またもや正月気分。

正直なところ、保育園以来ではないか、と思うくらい、
初めてに近い餅つき。
やっぱりつきたての味は格別でした。


このホームページを始めたきっかけは、
0の状態から、1を踏み出すプロセスを記録すること。

次の正月はお米を蒸すところから、
自分でやってみるぞ。


3歳に近づいているはずの息子に
「どうだ、自分でついた餅は旨いだろう」と
自慢げに言ってやろう。


青山敦士  -ほかの文章

正月に驚いたこと②

元日からの山の神「柏原竜二選手」の人気っぷりについてです。

元日は、ニューイヤー駅伝走られて、2日は箱根駅伝の解説と出ずっぱりです。
箱根駅伝の合間には、柏原選手のCMまで流れてました。

まず駅伝ってこんなに人気スポーツでしたっけ?マラソンや10000メートルではなく、駅伝のまだまだ一選手である柏原竜二さん。箱根駅伝は何かと毎年チェックする私も、これほどとは思いませんでした。

元日の走りは、少し残念でしたが、群馬の走られた6区は、映像を見る限り柏原押し、フィーバー状態。(佐藤悠基選手とかも走られていたんですが)

箱根での解説も的確に、OBとして話すときは先輩風に。好感が持てました。
柏原選手いわく
「がーと入って、ぐっとねばる。それが僕の走り方」だそうです。

日体大の服部選手もよくがんばった。

ヤバいくらいに駅伝脳になってます。


小室勇樹  -ほかの文章