Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130104

アクセルを踏み過ぎない。

少しでもエンジンがかかり始めると、
温度があがってきて、
アクセルを踏んでばっかりになってしまう。
まわりにも、踏めー、踏めー、と叫んでしまう癖がある。

ほどよいスピードで走りながら、
少しは周りの景色を楽しみながら、
季節の変化に気づき、同乗者の体調の変化には
気付ける運転をしないと。


これ、例えでもあるのだけど、
実際に車の運転スピードがあがってきているときは、
気持ちに本当に余裕がないとき。
それが1つのバロメーターになってる。

ゆっくり深呼吸をしながら、
ほどよく前に進もう。


青山敦士  -ほかの文章

2013.1.4

「自由」という言葉について書きます。
そこで2つのテレビ番組を出します。

まず年末の報道番組『報道の日』の話です。
この番組では、外国人の方に日本人の良い部分をインタビューし、
そこで上がった「勤勉」とか「規律」などのキーワードについて、掘り下げ、元気を取り戻そうという内容でした。

そしてもう一つ。
お気に入りの番組のひとつNHKの『ディープピープル』です。
年末の最後の回は、サッカー日本代表監督の通訳。
ジーコ監督の通訳をされていた鈴木國弘さんという方が出演されていたのですが、そこで「一番訳すのに苦労した言葉は?」という問いに、「LIBERDADE≒自由」という答え。

この言葉鈴木さんの言葉を借りると。
「ジーコが言いたかった自由とは、なんでも好きにやっていいよという自由ではなく、3つのオプションがあるんだったら、自分の責任の元にチョイスしろ、俺はそれを許している」という自由だそうです。
プロのサッカー選手でも、その過程を経ないで代表選手になる。
そこでは、ジーコもオシムも心配していたと締め括っていました。


良い部分とされた「規律」という言葉。
駄目だとされた「自由」という言葉。

この言葉、コインの表と裏のように思います。
なので今後は、この表裏をぶち抜いたような話が聞きたいな。
ルールが守られ、細部にまで丁寧に作られる美しさと
斬新でユニークな考え、そして誰も見たことのない色や造形の美しさ。その二つを併せ持った日本像が見てみたいです。


小室勇樹  -ほかの文章