Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130221



青山敦士  -ほかの文章

2013.2.21

私はもともと訪問介助のヘルパーをしていたのですが、
外出をサポートする際に、駅員さんやバスの運転手さんと触れることが多くありました。
いちヘルパーとしてもっとも嬉しかったのは、
その第一声を本人にかけてくれる駅員さんです。

例えば、改札前で「どちらまで行かれますか?」のひと言。この言葉を本人にかけてくれるというだけです。
しかし実際には半分くらいの方は、車椅子を押すヘルパーへその言葉は投げかけられます。気持ちはわかりますけどね。

伝えたい言葉は出来る限り伝えたい本人へ。

万が一伝えきれない事情が発生した時初めてヘルパーっぽいなっていう人を使うと喜ばれ るかもしれません。





小室勇樹  -ほかの文章