Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130228

自分の言葉を話す。

視察対応でオリエンテーションから町内案内までを行うようになった。
最近仲間に言われるのが早口だということ、
そして情報量が多い、ということ。
なんだか無難にやろうとして、情報量が多く、
それが早口にさせてしまっているよう。

今回の案内では、とにかくゆっくり話すことに意識をおいて、対応してみた。
同席してもらったスタッフからは聞きやすかったけど、
それでもまだ早口、と言われてしまいびっくり。

けども、全体の中で自分がやっていることを
ゆっくりと熱を込めて話したところには
相手が前のめりで聞いてくださっていることを感じた。

伝わっている。


その実感はあった。

業務として伝えるべきこと。
そして伝えたいこと。
この整理をしながら、自分の言葉でしっかりと
丁寧に話すこと。その訓練をしていきたい。


青山敦士  -ほかの文章

2013.2.28

昨日の続きではないですが。

最近、携帯電話に音声認識ソフト(しゃべってコンシェルやSiri)が付いている。これがいずれは、アシモのようなロボットとドッキングするんだと思う。

生きてる感じを使うことは良いのだが、
職業柄福祉の話で言えば、福祉用ロボットの癒し系のものには怖さを感じる。





小室勇樹  -ほかの文章