Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130305

戌の日

戌の日ではないのだけど、家族3人で安産祈願に隠岐神社へ。
湊士も大好きな散歩コースなので嬉々として歩いて登り、
父ちゃんも気合をぴしっと入れてスーツで境内へ。

家族三人、正装でお祓いを受け、隠岐神社へ玉串をあげる。
これは説明なしに、きっと大切なこと。
節目節目で、こうして神社へ感謝を捧げることを
我が家で続けていきたいなぁと改めて思ったのでした。





青山敦士  -ほかの文章

2013.3.5

私はもともと訪問介助のヘルパーをしておりました。
介助ヘルパーにとってもっとも重要な能力は「待てる」ことだと思っております。
(私の事業所はという注釈付きですが)
正しいだろうということを、ヘルパーの方が即断即決し推定して行動すれば、ヘルパーは楽できます。
でも待たなければなりません。食事について、洗濯について、帰り道について。
極論を言えば、正しさなどどうでもよいのです。なっとくされる、その時間まで待つこと、その行為が正しさよりも重要なことがあります。

また段階をキチンを踏み、時間をかけることが、結局短時間で終えられるということも往々にしてあります。






小室勇樹  -ほかの文章