Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130312



青山敦士  -ほかの文章

2013.3.12

「信頼」について書きます。

民間企業が国民からの信頼を失うようなことをすれば、
それは大きな損失とその信頼を回復するための長い時間を犠牲とします。

昔から思っていたんですけれど、
政治家が国民から信頼を失うようなことをした場合。
ニュースのキャスターさんが、
「今回のことで政治に対する国民の信頼は失墜しました。」
なんてコメントを言われますが、

政治家の方は、その失墜した信頼を回復させようとしなくても
その損失も時間も犠牲を払うのは国民です。

ずーとそうです。信頼という株価はつねに最安値を更新しています。
原発の事故の際も、SPEEDI(スピーディ)で予測されて情報が本当に効果的に使われたかと言えば、どうだったのでしょうか。

これからについてもこの信頼は重要な言葉になると思います。
少しでもその信頼という株価が上がるように、できることからやろうと思います。



小室勇樹  -ほかの文章