Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

130329



青山敦士  -ほかの文章

2013.3.29

強いものにも弱いものにも
いろいろなところに穴があいていて
「あ~、穴があいてるな~」ってわかる。

その穴に対して、余計なことをしたいとは思わない。
けど、それは僕自身の「ワクワク感」でもある。
だから失礼なことに、僕はその穴で「水遊び」が出来たらいいなって思う。
必要以上に、穴のことを考えてなどとは、思わないように気を付ける。

単純にそのワクワク感からくる水遊びが、なんとなく周りに認識され、
さらに面白い、フィッシングとかカヤックとかでも遊べるようになる。
それはすこし淋しいけど、一緒に混ぜてもらって遊ぶ。

なんとなく穴じゃなくなる。
誰も穴だと気付かなくなる。


村上春樹さんの「壁と卵」を例にとれば、
これがわたしの壁と向き合う方法論です。




小室勇樹  -ほかの文章