Copyright (c) STREET SMART All Rights Reserved.

以前、気がついたこと。

140212

みんなが、主役だ。

1人1人、みんなが主役だ。
昼間にふと思いついて、電車でも飛行機でもずっと考えた。
当たり前のことに気が付いていなかった。
お客様を喜ばせようとして、踊るのもいい。歌うのもいい。
飾りをしたり演出したり、美味しいもの創ったり。
でも、最後の主役はお客様だ。

主役は歌じゃない、踊りじゃない、飾りでも料理でもない。
お客様が「ハレ」の日に、そのとき最高の想い出ができればいい。
主役はお客様だ。

お客様が、聞く。お客様が、楽しむ。
お客様が、撮影する。お客様が、食べる。

主体はそっちだ。

自分の仕事は、最高のステージを創ること。その一点だ。
主役になる、というのはスポットをあびること。
そこには意志や想いがあること。
それをすることでエンパワーメントを実現したいんだ。

気付けてよかった。


青山敦士  -ほかの文章



小室勇樹  -ほかの文章